歯周病内科

投稿日:2018年3月29日

カテゴリ:未分類

 

みなさん最近よく聞く歯周病ってどんな病気かご存知ですか?

 

実は、とっても怖い病気なんです。歯周病にかかってしまうと全身に悪影響を及ぼしてしまいます。簡単にセルフチェックできるのでみなさん試してみてください。

 

●歯茎がむずがゆい

●歯磨きやフロスを使用すると出血する

●口に中がネバネバする

●歯が長くなった気がする

●歯がしみる

●歯と歯の間に食べ物が挟まりやすくなった

●グラグラする歯がある

 

どうでしょうか?歯周病になるとこのような症状が出ることがあります。いくつか当てはまる場合は、歯周病の可能性が考えられます。

初期の歯周病であればしっかりとセルフケア、定期的な検診で改善が期待できます。それでも良くならない場合や、上記の項目に多く当てはまる方は、歯科医院の受診をお勧めします。

 

歯周病がもたらす病気は?

歯周病になると、全身に様々な悪影響が及んでしまいます。

例えば歯周病菌の刺激により、脳や心臓の血管が動脈硬化になりやすく、脳卒中や心筋梗塞などが引き起こる可能性が高くなります。

歯周病によって生じる炎症物質は、血糖値が高い状態を続きやすくしたり、脂肪をためこみやすくなるため糖尿病や肥満になりやすくなります。

また、歯を失ってしまうと、認知機能が低下して認知症を発症する危険性が高まると言われています。

 

そこで、のぶデンタルクリニックでは歯周内科治療というコースがあります。

これは歯周病菌を徹底的になくす事のできるコースになっていてかなりオススメのコースです!

DNA検査と言って今ご自身のお口の中にどんな菌がいてどのくらいいるのか調べることができます。このDNA検査の結果に応じて一人一人にあったお薬の処方やブラッシングさらにPMTC(保険ではできないクリーニング)もつくとてもオススメなコースになっております。

是非お話だけでも聞きにいらしてくださいね(*^^*)