セラミックの精度を高める方法について

投稿日:2021年1月19日

カテゴリ:未分類

精密な審美歯科治療によって、見た目や機能性の回復をはじめ、虫歯の再発リスク軽減に努めています。

2次カリエスで天然歯を失わないよう、耐久性・適合性の高いセラミックの詰め物・かぶせ物を提供しています。

歯列全体と調和するような歯の形態を意識して、補綴物(セラミック)を作ります。

上下の歯列のバランスが顔の正中ラインと合致させるように行います。
前歯には笑顔になった際に自然と現れるスマイルラインを意識天然の歯には独特な特徴があり、補綴物もそれに近い造形を与えます。
男性と女性では、異なる歯の特徴があり、それぞれに合った補綴物を作製します。
補綴物は、口腔組織のみならず、肌の色とも調和するよう工夫します。
歯は年齢によって色や形に違いがあり、年代に応じた特徴づけが必要になります。

患者さま一人一人に適した素材を厳選します。

歯や顔貌など、全体的なバランスを考えた審美治療を実施いたします。

出来るだけ長く使っていただきたいと思っておりますが、その方のメインテナンス次第で持ちがかわります。また、歯は体や心の負担を受ける場所ですので、お口の健康だけではなく、心身の健康維持も重要なポイントになります。

かぶせ物・詰め物の耐年数
「セラミックの歯がどれくらい持つのか」は単純に素材だけの問題ではなく、歯のどこに設置するかなどによっても異なります(歯にかかる負荷が異なるため)。 また、修復物の精度や設置する医師の技術にも左右されます。 さらに、セラミックの修復物に問題はなくても、歯茎や歯の根っこがトラブルを起こして付け替えが必要になる場合もあります。 定期的なメインテナンスを行い、セラミックの歯に負担をかけないように心がけているなど、良い条件が揃っていると、20年以上同じクラウン・インレーで問題がでない方も中にはいらっしゃいます。