ソケットプリザベーションの後は。。。

投稿日:2016年9月1日

カテゴリ:インプラント

ソケットプリザベーションの後は。。。

歯が無くなった部分に対して、ソケットプリザベーションを行い、骨が安定し確保できた後には

インプラントを入れるのが最適な方法と思われます。

インプラントをすることにより噛む力が再現され、

よく噛めるようになります。

 

患者さまにインプラントとはどのような構造をしているの?

また、治療の流れはどのようなものなの?

というご質問をよく頂戴します。

 

本日はインプラントの基本的な構造と治療の流れのお話です。

t02200165_0800060012919130239

 

図のように下から

チタン製のインプラント体(フィクスチャー)

顎の骨に入れます。

入れた後に骨の状態にもよりますが、

下顎骨で約3ヶ月、上顎骨で約6ヶ月くらいを目安に

骨とインプラント体が結合するのを待ちます。

(この状態をオッセオインテグレーションと言います。)

インプラントと骨が結合したのを確かめてから

インプラント体にネジ式のアバットメントを立てます。

その上から型取りをして、仮歯が入ります。

最後に上部構造(人工の歯)を装着します。

 

インプラントはこのような仕組みで成り立っています。

図だけでは想像するのが難しいこともあると存じます。

インプラント治療をご検討の際は

のぶデンタルクリニック中町までお気軽にご相談ください。