インプラントの利点

投稿日:2016年10月25日

カテゴリ:インプラント

虫歯や歯周病で歯を失った場合保険治療の範囲ならばブリッジまたは入れ歯、保険診療外ではインプラントという選択肢があります。それぞれ利点・欠点があり、また金額や治療期間の面などの観点から患者様にあった治療法を相談させていただいております。今回はそれぞれの利点・欠点をお話したいと思います。
ブリッジ  <利点>比較的に機能的・審美的にも入れ歯に比べて優れ違和感が少ない。
      <欠点>支台となる歯を切削する必要がある。削ることにより歯の傾斜など場合により神経の処置が必要になる。
入れ歯   <利点>歯を削らないで済む。ただし、バネ(クラスプ)の沈み込みを防止するためにバネがかかる歯に溝を掘る場合がある。
      <欠点>機能的・審美的にもブリッジに比べて違和感が強い。
 インプラント<利点>機能的・審美的に優れている。
          歯を削らないで済む。
      <欠点>高価である。外科処置が必要である。
自分が歯を失った場合に機能性や審美性のすべての観点からインプラントは非常に有効な
治療法であると思います。なぜなら、失った場所以外に手をつけずに今までと同じように
物を噛めるのですから。ただし患者さまの希望があっても基礎疾患(高血圧・糖尿病)な
ど全身的に容易にはオペを受けられない方などもおられます。しかしかかりつけ医に対診
書を書き全身状態をきちんと把握し麻酔科医の管理の下、オペを行うこともできます。ま
ずはあきらめてしまう前に是非ご相談ください。