インプラント治療

投稿日:2017年7月28日

カテゴリ:インプラント 未分類

歯周病や外傷などにより歯を失ってしまった場合の治療方法としてインプラントを選択される方も多くいますが、誰もが受けられる治療ではないことをご存知でしょうか。

年齢や健康状態、口の中の状態によりインプラント治療が適さない方もいます。
例えば、子供の場合は体の成長とともに顎の骨も成長しますので、インプラントを入れたとしても位置が動いてしまい適しません。一般的には、顎の骨の成長が落ち着く、女性は18歳、男性20歳以上の方とされています。健康状態に問題がなければ高齢の方でも受けられます。

糖尿病、高血圧、心臓疾患などの持病がある方も適しません。術後の傷の治りが悪かったり細菌感染を起こすことなども予想され、インプラントの外科手術を受けることが困難になります。そして骨粗しょう症など、インプラントの土台となる骨の質や量が十分でない方も治療を受けることが難しくなります。
また、歯周病などお口の中の状況が良くない方。歯周病菌は移りますので、インプラント周囲に炎症をおこすリスクが高くなります。歯周病の方はインプラントよりもまずは歯周病の治療が優先されます。

喫煙も歯茎の毛細血管を収縮させるので、血行不良により傷が治りにくくなったり、インプラントと骨が結合するのを妨げる事になりますので、インプラントを考えている方は控えた方が良いです。

インプラント治療を検討されている方は、インプラント治療に適しているかどうかまず医師に相談してみてください。

■ 他の記事を読む■