人の噛む力

投稿日:2018年5月8日

カテゴリ:噛み合わせ

人の噛む力は、その人の体重程度だと言われています。しかし、いつでもこの力がかかっているわけではなく、食事の際には20%~30%程度の力で噛んでいます。当然ですが、硬い食べ物を食べる際にはそれ以上の力が必要になるので、いつまでも食べたいものを食べ続けるためには、健康な歯と歯茎を保つ必要があるといえますね。

虫歯でもないのに、歯をかみ合わせると痛むことはありませんか?もしかしたらその痛みは歯のくいしばりが強いせいかもしれません。歯のくいしばりは、歯と歯茎に大きなダメージがかかってしまいます。通常、食事をするとき以外の時間は、上下の歯は離れている状態です。
しかし、歯をくいしばる癖のある人は、一日に1~2時間ほど無意識で食いしばる時間があるため、歯と歯茎を傷めてしまっているのです。
歯をくいしばる癖は、ストレスによっておこることが多いため、意識的に直していかなければいけません。気にし過ぎるのもよくありませんが、普段から少し気を付けることで、夜の歯ぎしりの軽減にもつながります。
また、夜マウスピースをつけて寝るのも対処法として効果的です。

なぜか歯が痛むという人は、自分のくいしばり癖にも注目してみてはいかがでしょうか?

噛み締め、食いしばり、歯ぎしりなど専門的にやっておりますので、気になることがありましたら、お気軽にのぶデンタルクリニックへのお問い合わせお待ちしております。

■ 他の記事を読む■