虫歯治療後の出血について

投稿日:2021年12月5日

カテゴリ:虫歯

歯茎からの出血は体からのサインです!

出血の原因はひとつではありません。歯周病にかかっている場合、歯と歯の間に食べかすが詰まっていて口の中が不衛生な場合、歯ブラシで強く磨きすぎて歯茎を傷つけている場合、体調不良やストレスなどで免疫が低下している場合、詰め物や被せ物が不適合の場合など。

一時的なものであれば経過観察で済みますが、とくに慢性的に歯茎から出血があるときは要注意です。

虫歯治療後も一時的に歯茎から出血が起こることがあります。歯と歯茎の境目に虫歯があったときには治療の際に歯茎を触ってしまい傷つけてしまうことがあるからです。また麻酔の影響により麻酔が切れた後でも歯茎が腫れたり、痛みがでることもあります。

こちらも通常は数日で落ち着きますが、出血や痛みがずっと続く場合は歯科医院に相談するようにしましょう。